日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バンド「クラフト」三井誠さんは“あの有名ソング”の作曲家

 さだまさし作詞作曲で75年にリリースされた「僕にまかせてください」は、日本テレビ系のドラマ「ほおずきの唄」の主題歌として茶の間に流れ、大いに売れた。歌っていたのは男性4人組の「クラフト」だ。同グループは同じくさだの手による「さよならコンサート」もヒットさせた。ボーカルとギターを担当した三井誠さん(63)は今どうしているのか。

■「ヒットしても、正直こそばゆい感じでした」

「クラフトは日本のウエストコーストロックを目指したバンドですから、『僕に──』はいささか違和感がありました。だって、あの曲、フォークじゃないですか。でも、間違いなくクラフトの代表曲、さだクンには感謝してます」

 東京・銀座の喫茶店で会った三井さん、まずはこう言った。

「さだクン」……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事