長渕剛と入籍、極秘挙式した志穂美悦子

公開日:  更新日:

<1987年8月>

 千葉真一が率いるJAC初の女優。「女ブルース・リー」といわれ、アクションスターとして活躍した志穂美悦子。しかし、87年8月に1歳年下の長渕剛と結婚、31歳で芸能界から引退した。

 きっかけはTBSのドラマ「親子ゲーム」でラーメン屋夫婦を演じたこと。

 ドラマでは2人の演じる壮絶な夫婦ゲンカが売り物となっていたが、86年6月、撮影中に志穂美が骨折するアクシデントが起きる。2人が口論からもみ合いとなるシーンで、志穂美の手がテーブルにぶつかり、左手小指の付け根が真っ二つに折れてしまったのだ。そして、病院に向かう志穂美に長渕が付き添ったことが付き合うきっかけになったというから何が幸いするか分からない。

 事故から3カ月後の9月16日、長渕のマンションから朝帰りする志穂美の姿が写真誌にキャッチされた。この時は「熱が38度も出ちゃって、彼女はぼくを必死に看病してくれました」と長渕は親密交際を否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る