• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長渕剛と入籍、極秘挙式した志穂美悦子

<1987年8月>

 千葉真一が率いるJAC初の女優。「女ブルース・リー」といわれ、アクションスターとして活躍した志穂美悦子。しかし、87年8月に1歳年下の長渕剛と結婚、31歳で芸能界から引退した。

 きっかけはTBSのドラマ「親子ゲーム」でラーメン屋夫婦を演じたこと。

 ドラマでは2人の演じる壮絶な夫婦ゲンカが売り物となっていたが、86年6月、撮影中に志穂美が骨折するアクシデントが起きる。2人が口論からもみ合いとなるシーンで、志穂美の手がテーブルにぶつかり、左手小指の付け根が真っ二つに折れてしまったのだ。そして、病院に向かう志穂美に長渕が付き添ったことが付き合うきっかけになったというから何が幸いするか分からない。

 事故から3カ月後の9月16日、長渕のマンションから朝帰りする志穂美の姿が写真誌にキャッチされた。この時は「熱が38度も出ちゃって、彼女はぼくを必死に看病してくれました」と長渕は親密交際を否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る