日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密

 日本テレビがドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」を看板コンテンツにしようと新プロジェクトを立ち上げた。情報解禁はこれからだが、年明け1月に映画版が公開され、来年4月にはシーズン2が放映の予定。日テレがライバル心をむき出しにしながらも、お手本にしたのがテレ朝のドラマ「相棒」だという。

「ST――」は警視庁科学捜査研究所に新設された特殊機関・警視庁科学特捜班(ST)を舞台にキャリアの百合根警部(岡田将生)とSTのリーダー赤城(藤原竜也)らが難事件を解決していく物語。

「実は岡田と藤原の関係は、『相棒』でいう杉下(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。2人組が活躍する“バディームービー”は昔からある定番ですが、『相棒』を分析した結果、女性視聴者がかなり存在し、しかも、大半がBL(ボーイズラブ)を妄想しながらドラマを見ていることが判明。『ST』もその関係性を模倣したのです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事