藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密

公開日: 更新日:

“バラ族”目線で刑事ドラマを見ている層が多いとは驚きだが、それにしても、今や視聴率争いで首位をひた走る日テレが打倒「相棒」にこだわるのはなぜなのか。

「13年度の視聴率3冠王争いで日テレが全日帯8・1%(午前6時~翌日午前0時)とゴールデン帯12・1%(午後7~10時)でNHK、民放キー局を押さえ首位に立った。ところがプライム帯は12%(午後7~11時)とテレ朝に0・1ポイント差で負けてしまった。『相棒』がなかったら日テレの圧勝だった」(日テレ関係者)

 テレ朝はこの10月から新たな相棒シリーズを放送する。しかも、「相棒」の後には数字の安定した「報道ステーション」が控えている。

「日テレはこの編成に何度も苦汁を飲まされてきた。そればかりではない。全日帯で放映される『相棒』の再放送がコンスタントに視聴率7~9%台をマークする。調子のいいときは2桁を取ることもある。要注意だ」(日テレ関係者)

「ST」対「相棒」。0・1ポイントを競う熾烈な視聴率争いの“肝”はBLにあり――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  8. 8

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

  9. 9

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  10. 10

    山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る