呪術的リズムで踊り熱唱…志茂田景樹の“奇抜ラップ”が話題

公開日:  更新日:

 4年前、古希を過ぎてからツイッターを始め、人生相談などで若者を中心に25万人を超えるフォロワーを持つ直木賞作家、志茂田景樹氏(74)。一時は奇抜なファッションと髪形からテレビで人気爆発。子供たちから「カゲキちゃ~ん」と親しみを込めて呼ばれた時期もあった。

 その志茂田氏が最近、再び注目されている。YouTube上でゴルラップなるパフォーマンスを披露しているのだ。

 インド、ネパールの山岳地帯で生まれたゴルジェが語源の民俗音楽。低音と楽器タムの連打で醸し出す呪術的なリズムに乗って、踊りながら志茂田氏オリジナルのラップを歌い上げる。作詞は本人。

♪ゴルゴルゴルゴル ゴ・ル・ル 今神が死ぬ~

 ほとんど理解不能だが、あのファッションは健在。

 志茂田氏は11日、ラップ動画とともにこうつぶやいている。

「のどかな時代は田畑で誰かが歌う民謡が野を越え丘を越えて他地域の田畑で働く人々の心を和ませた。今は出口が見つかりづらい状況で緊張を強いられる時代だ。活力、やる気を奮い起こすにはラップがいちばん適している。さあゴルラップです」

 相変わらず元気な人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る