呪術的リズムで踊り熱唱…志茂田景樹の“奇抜ラップ”が話題

公開日: 更新日:

 4年前、古希を過ぎてからツイッターを始め、人生相談などで若者を中心に25万人を超えるフォロワーを持つ直木賞作家、志茂田景樹氏(74)。一時は奇抜なファッションと髪形からテレビで人気爆発。子供たちから「カゲキちゃ~ん」と親しみを込めて呼ばれた時期もあった。

 その志茂田氏が最近、再び注目されている。YouTube上でゴルラップなるパフォーマンスを披露しているのだ。

 インド、ネパールの山岳地帯で生まれたゴルジェが語源の民俗音楽。低音と楽器タムの連打で醸し出す呪術的なリズムに乗って、踊りながら志茂田氏オリジナルのラップを歌い上げる。作詞は本人。

♪ゴルゴルゴルゴル ゴ・ル・ル 今神が死ぬ~

 ほとんど理解不能だが、あのファッションは健在。

 志茂田氏は11日、ラップ動画とともにこうつぶやいている。

「のどかな時代は田畑で誰かが歌う民謡が野を越え丘を越えて他地域の田畑で働く人々の心を和ませた。今は出口が見つかりづらい状況で緊張を強いられる時代だ。活力、やる気を奮い起こすにはラップがいちばん適している。さあゴルラップです」

 相変わらず元気な人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界