呪術的リズムで踊り熱唱…志茂田景樹の“奇抜ラップ”が話題

公開日: 更新日:

 4年前、古希を過ぎてからツイッターを始め、人生相談などで若者を中心に25万人を超えるフォロワーを持つ直木賞作家、志茂田景樹氏(74)。一時は奇抜なファッションと髪形からテレビで人気爆発。子供たちから「カゲキちゃ~ん」と親しみを込めて呼ばれた時期もあった。

 その志茂田氏が最近、再び注目されている。YouTube上でゴルラップなるパフォーマンスを披露しているのだ。

 インド、ネパールの山岳地帯で生まれたゴルジェが語源の民俗音楽。低音と楽器タムの連打で醸し出す呪術的なリズムに乗って、踊りながら志茂田氏オリジナルのラップを歌い上げる。作詞は本人。

♪ゴルゴルゴルゴル ゴ・ル・ル 今神が死ぬ~

 ほとんど理解不能だが、あのファッションは健在。

 志茂田氏は11日、ラップ動画とともにこうつぶやいている。

「のどかな時代は田畑で誰かが歌う民謡が野を越え丘を越えて他地域の田畑で働く人々の心を和ませた。今は出口が見つかりづらい状況で緊張を強いられる時代だ。活力、やる気を奮い起こすにはラップがいちばん適している。さあゴルラップです」

 相変わらず元気な人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る