本田圭佑「虚像と実像」(17)恩師が語る“奇抜ファッション”

公開日:  更新日:

「オマエ、そのキャラ、どこまで続ける気や?」

 髪をマッキンキンに染め、ド派手なファッションに身を包む。左右の手首には、300万円は下らない高級腕時計が光り輝いている。本田の身だしなみに対するこだわりは、年々過激さを増している。

「貧しい家庭に育ち、着たきりスズメだった屈辱の日々。その反動なんじゃないか」

 こんな声も聞こえてくるが、大叔父の大三郎は「あえて自分を追い込んでいる」と、こう続ける。

「圭佑のああいった姿というのは、すべて<自分の弱い部分を見せたくない>という気持ちの表れです。昔から圭佑はそうでした。外見でアピールすることで周囲から注目を集め、人目にさらされることで自らプレッシャーをかけ、その中で自分を高めていこうと努力するのです」

 10年W杯南ア大会。グループリーグを突破した本田は、ドイツから馴染みの美容師を呼び寄せ、気合を入れて短く刈り込んだ。CSKAモスクワ時代には、東京からカリスマ美容師がモスクワを訪れ、月1回のペースでカットしていた。美容師の飛行機代もホテル代も本田が負担。その年間費用は2000万円と報じられた。イタリアの高級ブランドの腕時計は、着け始めの頃は18万円の廉価版だったが、すぐに180万円にグレードアップ。一時期は350万円の高級品を愛用していた。今月21日に帰国した際には、ダブルの黄色のジャケットに迷彩色のパンツ、金縁サングラスを組み合わせた姿に「成り金趣味」「滑稽」とネット上では冷笑された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る