朝ドラ好調で…仲間由紀恵が視聴率クイーンに再君臨?

公開日: 更新日:

 かつて「ごくせん」や「TRICK」などの主演により不動の人気を築き上げた仲間由紀恵だが、ここ数年は仲間が主演するドラマのほとんどが、低視聴率で終わることが多く、世間では最近は仲間がどんなドラマに出ているか知らない人が多い。

 厳しい状況に追い込まれた仲間だが、現在放送中の朝ドラ「花子とアン」の出演をキッカケに息を吹き返している。撮影がスタートした当初は、仲間と朝ドラ初主演の吉高由里子が犬猿の仲とか共演NGとかマスコミに騒がれていて、うまくいかないのではと言われていた。

 しかし実際は先輩の仲間が吉高を引っ張っている感じで撮影が進められているそうだ。

「仲間さんにとっては久々の高視聴率ドラマということで、現場を楽しみながら撮影に挑んでいる感じですよ」(テレビ誌記者)

 これまでNHKでは大河ドラマの主演をしたり、「紅白歌合戦」の司会の常連でもあり、NHKは仲間にとって良い印象があるのだろう。今ではそれが活力になり、頑張っているのではないかと思われている。

 今後も朝ドラバブルは続くと思われる。その流れにしっかり乗って、次に主演するドラマで、視聴率クイーンに返り咲くことを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る