朝ドラ好調で…仲間由紀恵が視聴率クイーンに再君臨?

公開日:  更新日:

 かつて「ごくせん」や「TRICK」などの主演により不動の人気を築き上げた仲間由紀恵だが、ここ数年は仲間が主演するドラマのほとんどが、低視聴率で終わることが多く、世間では最近は仲間がどんなドラマに出ているか知らない人が多い。

 厳しい状況に追い込まれた仲間だが、現在放送中の朝ドラ「花子とアン」の出演をキッカケに息を吹き返している。撮影がスタートした当初は、仲間と朝ドラ初主演の吉高由里子が犬猿の仲とか共演NGとかマスコミに騒がれていて、うまくいかないのではと言われていた。

 しかし実際は先輩の仲間が吉高を引っ張っている感じで撮影が進められているそうだ。

「仲間さんにとっては久々の高視聴率ドラマということで、現場を楽しみながら撮影に挑んでいる感じですよ」(テレビ誌記者)

 これまでNHKでは大河ドラマの主演をしたり、「紅白歌合戦」の司会の常連でもあり、NHKは仲間にとって良い印象があるのだろう。今ではそれが活力になり、頑張っているのではないかと思われている。

 今後も朝ドラバブルは続くと思われる。その流れにしっかり乗って、次に主演するドラマで、視聴率クイーンに返り咲くことを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る