朝ドラ好調で…仲間由紀恵が視聴率クイーンに再君臨?

公開日: 更新日:

 かつて「ごくせん」や「TRICK」などの主演により不動の人気を築き上げた仲間由紀恵だが、ここ数年は仲間が主演するドラマのほとんどが、低視聴率で終わることが多く、世間では最近は仲間がどんなドラマに出ているか知らない人が多い。

 厳しい状況に追い込まれた仲間だが、現在放送中の朝ドラ「花子とアン」の出演をキッカケに息を吹き返している。撮影がスタートした当初は、仲間と朝ドラ初主演の吉高由里子が犬猿の仲とか共演NGとかマスコミに騒がれていて、うまくいかないのではと言われていた。

 しかし実際は先輩の仲間が吉高を引っ張っている感じで撮影が進められているそうだ。

「仲間さんにとっては久々の高視聴率ドラマということで、現場を楽しみながら撮影に挑んでいる感じですよ」(テレビ誌記者)

 これまでNHKでは大河ドラマの主演をしたり、「紅白歌合戦」の司会の常連でもあり、NHKは仲間にとって良い印象があるのだろう。今ではそれが活力になり、頑張っているのではないかと思われている。

 今後も朝ドラバブルは続くと思われる。その流れにしっかり乗って、次に主演するドラマで、視聴率クイーンに返り咲くことを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る