朝ドラ好調で…仲間由紀恵が視聴率クイーンに再君臨?

公開日: 更新日:

 かつて「ごくせん」や「TRICK」などの主演により不動の人気を築き上げた仲間由紀恵だが、ここ数年は仲間が主演するドラマのほとんどが、低視聴率で終わることが多く、世間では最近は仲間がどんなドラマに出ているか知らない人が多い。

 厳しい状況に追い込まれた仲間だが、現在放送中の朝ドラ「花子とアン」の出演をキッカケに息を吹き返している。撮影がスタートした当初は、仲間と朝ドラ初主演の吉高由里子が犬猿の仲とか共演NGとかマスコミに騒がれていて、うまくいかないのではと言われていた。

 しかし実際は先輩の仲間が吉高を引っ張っている感じで撮影が進められているそうだ。

「仲間さんにとっては久々の高視聴率ドラマということで、現場を楽しみながら撮影に挑んでいる感じですよ」(テレビ誌記者)

 これまでNHKでは大河ドラマの主演をしたり、「紅白歌合戦」の司会の常連でもあり、NHKは仲間にとって良い印象があるのだろう。今ではそれが活力になり、頑張っているのではないかと思われている。

 今後も朝ドラバブルは続くと思われる。その流れにしっかり乗って、次に主演するドラマで、視聴率クイーンに返り咲くことを期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る