“不遇美女”ホラン千秋の「生きがい」は吉高由里子だった

公開日: 更新日:

 5日、ホラン千秋(25)が佐賀県と「丸善&ジュンク堂書店」のコラボギフト「ほんのひととき」の発売記念イベントに浴衣姿で登場した。浴衣を着たのは中学生以来だそうで、「中学生の時、友人たちと花火大会に行ったのですが、途中で離れ離れになってしまって1人で花火を見たのが最後です」と苦い思い出を語った。

 最近の楽しみは毎朝見ているというNHK朝ドラ「花子とアン」だという。ヒロインを務める吉高由里子(26)とホランは同級生で事務所が同じ。アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれたホランは14歳から女優として活動するも、下積み時代は長く、スーパーでレジ打ちのバイトをしていた。吉高とは、そんな日陰の時代からの親友だそうで、「お話自体が好きで、(朝ドラを見るのが)生きがいなんです。15歳ぐらいのときから知っているので、彼女から刺激をもらえて幸せです」と語っていた。

 2人には友情を超えた絆がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る