“不遇美女”ホラン千秋の「生きがい」は吉高由里子だった

公開日: 更新日:

 5日、ホラン千秋(25)が佐賀県と「丸善&ジュンク堂書店」のコラボギフト「ほんのひととき」の発売記念イベントに浴衣姿で登場した。浴衣を着たのは中学生以来だそうで、「中学生の時、友人たちと花火大会に行ったのですが、途中で離れ離れになってしまって1人で花火を見たのが最後です」と苦い思い出を語った。

 最近の楽しみは毎朝見ているというNHK朝ドラ「花子とアン」だという。ヒロインを務める吉高由里子(26)とホランは同級生で事務所が同じ。アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれたホランは14歳から女優として活動するも、下積み時代は長く、スーパーでレジ打ちのバイトをしていた。吉高とは、そんな日陰の時代からの親友だそうで、「お話自体が好きで、(朝ドラを見るのが)生きがいなんです。15歳ぐらいのときから知っているので、彼女から刺激をもらえて幸せです」と語っていた。

 2人には友情を超えた絆がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る