“不遇美女”ホラン千秋の「生きがい」は吉高由里子だった

公開日:  更新日:

 5日、ホラン千秋(25)が佐賀県と「丸善&ジュンク堂書店」のコラボギフト「ほんのひととき」の発売記念イベントに浴衣姿で登場した。浴衣を着たのは中学生以来だそうで、「中学生の時、友人たちと花火大会に行ったのですが、途中で離れ離れになってしまって1人で花火を見たのが最後です」と苦い思い出を語った。

 最近の楽しみは毎朝見ているというNHK朝ドラ「花子とアン」だという。ヒロインを務める吉高由里子(26)とホランは同級生で事務所が同じ。アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれたホランは14歳から女優として活動するも、下積み時代は長く、スーパーでレジ打ちのバイトをしていた。吉高とは、そんな日陰の時代からの親友だそうで、「お話自体が好きで、(朝ドラを見るのが)生きがいなんです。15歳ぐらいのときから知っているので、彼女から刺激をもらえて幸せです」と語っていた。

 2人には友情を超えた絆がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る