“ビバヒル女優”ブレンダ 日本で反捕鯨活動家になっていた

公開日:  更新日:

 1990年代に日本でも放送された米ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズ。トラブルメーカーのヒロイン、ブレンダといえば、記憶にある人も多いのでは――。

 そのブレンダ役を務めた女優シャナン・ドハーティー(43)が、なんと、日本で反捕鯨活動家になっていた!

 9月上旬にイルカ・クジラの追い込み漁が解禁された和歌山・太地町。本紙記者は朝5時過ぎ、まだ薄暗い漁港で漁船を監視する黒ずくめの4人組の姿をキャッチした。彼らは、日本の調査捕鯨への妨害活動で有名な反捕鯨団体「シーシェパード」のメンバー。その中でひときわ目立つ美貌の持ち主が、そう、ドハーティーだったのだ。

 双眼鏡やカメラで漁を監視し、その様子をツイッターにアップ。シーシェパードの公式HPでも彼女の加入は大々的に告知されており、広告塔としての役割も担っている。現地で警備にあたる警察官たちの間でも、そんなドハーティーの存在が話題になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る