“ビバヒル女優”ブレンダ 日本で反捕鯨活動家になっていた

公開日:  更新日:

 1990年代に日本でも放送された米ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズ。トラブルメーカーのヒロイン、ブレンダといえば、記憶にある人も多いのでは――。

 そのブレンダ役を務めた女優シャナン・ドハーティー(43)が、なんと、日本で反捕鯨活動家になっていた!

 9月上旬にイルカ・クジラの追い込み漁が解禁された和歌山・太地町。本紙記者は朝5時過ぎ、まだ薄暗い漁港で漁船を監視する黒ずくめの4人組の姿をキャッチした。彼らは、日本の調査捕鯨への妨害活動で有名な反捕鯨団体「シーシェパード」のメンバー。その中でひときわ目立つ美貌の持ち主が、そう、ドハーティーだったのだ。

 双眼鏡やカメラで漁を監視し、その様子をツイッターにアップ。シーシェパードの公式HPでも彼女の加入は大々的に告知されており、広告塔としての役割も担っている。現地で警備にあたる警察官たちの間でも、そんなドハーティーの存在が話題になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る