“ビバヒル女優”ブレンダ 日本で反捕鯨活動家になっていた

公開日: 更新日:

 1990年代に日本でも放送された米ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズ。トラブルメーカーのヒロイン、ブレンダといえば、記憶にある人も多いのでは――。

 そのブレンダ役を務めた女優シャナン・ドハーティー(43)が、なんと、日本で反捕鯨活動家になっていた!

 9月上旬にイルカ・クジラの追い込み漁が解禁された和歌山・太地町。本紙記者は朝5時過ぎ、まだ薄暗い漁港で漁船を監視する黒ずくめの4人組の姿をキャッチした。彼らは、日本の調査捕鯨への妨害活動で有名な反捕鯨団体「シーシェパード」のメンバー。その中でひときわ目立つ美貌の持ち主が、そう、ドハーティーだったのだ。

 双眼鏡やカメラで漁を監視し、その様子をツイッターにアップ。シーシェパードの公式HPでも彼女の加入は大々的に告知されており、広告塔としての役割も担っている。現地で警備にあたる警察官たちの間でも、そんなドハーティーの存在が話題になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る