安藤美姫、鈴木明子…元フィギュア女王にテレビ界が熱視線

公開日: 更新日:

 ともに五輪出場経験はあるものの、メダル獲得はなし。競技人生を終えた2人の元女子フィギュアスケーターの“第二幕”に、テレビ界が熱い視線を投げかけている。

 ひとりは昨シーズンで引退し、今後は指導者を目指すと宣言していた安藤美姫(26)。最近はアイスショー出演と並行して、イベントやテレビ出演で稼ぎまくっているのだ。

 一部女性誌に現在の月収は500万円とも報じられたばかりだが、「映画のPRから『世界禁煙デー』など公共性の高いイベントまで引っ張りだこ。JRA主催の地方のトークイベントにも出演していました。イベントのギャラは1本あたり150万円前後。未婚の母のことさえ話題にしなければ、ほぼどんなイベントにも出演OKのようです」(広告代理店関係者)。

 大評判だったのが先日放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の企画。北極に行き、人類で初めて北極点でスピンを披露したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る