• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現役時代の華ゼロ…安藤美姫のソチ五輪解説「デビュー戦」

 メダル獲得を期待されながら、5位に終わったソチ五輪フィギュアスケートの団体戦。苦戦を強いられたのは氷上の選手だけではない。テレビの解説者へと舞台を移したミキティこと安藤美姫(26)も同様だった。

 五輪代表選手の選考から漏れ、昨年12月に現役引退。民放各局による現地リポーターとしての“ミキティ争奪戦”が取り沙汰されたが、デビューを飾ったのはテレビ朝日系。8日23時台から5時間に及ぶ長時間番組で、浅田真央が出場する女子ショートプログラムを含む大注目の一戦であった。

「こういった大きなお仕事がいただけたことを、光栄に思います」
 放映からまもなく、本人もこう挨拶した。確かに申し分のない舞台だ。

 現地の特設スタジオから気心知れた織田信成と一緒にゲストで登場。別に解説者としてベテランの佐野稔氏が立つ“お気楽なポジション”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る