息子2人連れ離婚…清原和博夫人は旧姓「木村亜希」で再出発

公開日:  更新日:

「子どものためにも離婚しない」と周囲に漏らし、夫の改心を信じていたという説もあれば、「女手ひとつで育てていく覚悟はあるんでしょ?」の問いに「まあね」と迷いなく答え、「私の稼ぎもあるしね」とコメントしていたとの報道もある。

 元プロ野球選手、清原和博(47)との離婚が明らかになった清原亜希(45)。女性ファッション誌「Marisol(マリソル)」などで活躍中の現役モデルにして、元アイドル。堀越高校を出て、坂口良子らも出場した「ミスセブンティーン」オーディションで特別賞に輝き、工藤静香ら3人で「セブンティーンクラブ」としてレコードも発売している。168センチのスレンダーボディーと清楚なルックスで、昨今はアラフォー世代を中心に主婦のカリスマとして支持を集め続けている存在だ。

「女性ファンの間では、『アッキー』と呼ばれています。夫が清原だったということもあるでしょうけど、彼女がデビュー当時に焼き鳥にそば屋に喫茶店と飲食店アルバイトを掛け持ちしていたとか、それなりに苦労人で庶民派であるというのが、親しまれている理由のひとつ。清原と結婚後も、がんを患ったお母さんを献身的に看病したりと、大変なことがあっても、いつも美しく前向きであろうという姿勢を貫いてきた。今回の離婚でも、12歳と9歳の男の子ふたりの親権を持ち、再出発を決意。アッキーの動向を注視している女性は少なくない」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る