息子2人連れ離婚…清原和博夫人は旧姓「木村亜希」で再出発

公開日: 更新日:

「子どものためにも離婚しない」と周囲に漏らし、夫の改心を信じていたという説もあれば、「女手ひとつで育てていく覚悟はあるんでしょ?」の問いに「まあね」と迷いなく答え、「私の稼ぎもあるしね」とコメントしていたとの報道もある。

 元プロ野球選手、清原和博(47)との離婚が明らかになった清原亜希(45)。女性ファッション誌「Marisol(マリソル)」などで活躍中の現役モデルにして、元アイドル。堀越高校を出て、坂口良子らも出場した「ミスセブンティーン」オーディションで特別賞に輝き、工藤静香ら3人で「セブンティーンクラブ」としてレコードも発売している。168センチのスレンダーボディーと清楚なルックスで、昨今はアラフォー世代を中心に主婦のカリスマとして支持を集め続けている存在だ。

「女性ファンの間では、『アッキー』と呼ばれています。夫が清原だったということもあるでしょうけど、彼女がデビュー当時に焼き鳥にそば屋に喫茶店と飲食店アルバイトを掛け持ちしていたとか、それなりに苦労人で庶民派であるというのが、親しまれている理由のひとつ。清原と結婚後も、がんを患ったお母さんを献身的に看病したりと、大変なことがあっても、いつも美しく前向きであろうという姿勢を貫いてきた。今回の離婚でも、12歳と9歳の男の子ふたりの親権を持ち、再出発を決意。アッキーの動向を注視している女性は少なくない」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る