たかじんブーム再び “視聴率男”の素顔に迫る評伝本が好調

公開日:  更新日:

 JR大阪駅・環状線ホーム――。発車メロディーに「やっぱ好きやねん」が流れる。食道がんと闘い今年1月に亡くなった歌手、やしきたかじん(享年64)の名曲だ。

 出張などで久しぶりに耳にして、ふと彼を思い出す人は50代以上か。

 そのたかじんの人物評伝「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」(角岡伸彦著、小学館)が好調だ。

 9月半ばの発売ながら、今週のアマゾンのタレント本ベストセラーで(総合)5位にランクインしている。

「“関西の視聴率男”と呼ばれたやしきたかじんの売れない新人時代から、タレントとして人気が出てきた大阪時代、そして東京進出以降……。レコード会社のディレクター、元マネジャー、コンビを組んだ有名作詞家ら何人もの“証言”をもとに、異色の歌手・たかじんの素顔に迫っています」(書評担当者)

 今年3月に執り行われた偲ぶ会には3700人ものファンが詰めかけた。

「あんた」「やっぱ好きやねん」「東京」のヒット曲のほか、カバー曲だが「ラブ・イズ・オーヴァー」も忘れられない曲として心に残る。1周忌を前に、たかじんブームが起こるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る