たかじんブーム再び “視聴率男”の素顔に迫る評伝本が好調

公開日: 更新日:

 JR大阪駅・環状線ホーム――。発車メロディーに「やっぱ好きやねん」が流れる。食道がんと闘い今年1月に亡くなった歌手、やしきたかじん(享年64)の名曲だ。

 出張などで久しぶりに耳にして、ふと彼を思い出す人は50代以上か。

 そのたかじんの人物評伝「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」(角岡伸彦著、小学館)が好調だ。

 9月半ばの発売ながら、今週のアマゾンのタレント本ベストセラーで(総合)5位にランクインしている。

「“関西の視聴率男”と呼ばれたやしきたかじんの売れない新人時代から、タレントとして人気が出てきた大阪時代、そして東京進出以降……。レコード会社のディレクター、元マネジャー、コンビを組んだ有名作詞家ら何人もの“証言”をもとに、異色の歌手・たかじんの素顔に迫っています」(書評担当者)

 今年3月に執り行われた偲ぶ会には3700人ものファンが詰めかけた。

「あんた」「やっぱ好きやねん」「東京」のヒット曲のほか、カバー曲だが「ラブ・イズ・オーヴァー」も忘れられない曲として心に残る。1周忌を前に、たかじんブームが起こるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る