• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“視聴率男”やしきたかじん 「ケジメ婚」と「遺産」の行方

 3日に亡くなったやしきたかじん(享年64)の遺産をめぐり、遺族が骨肉の争いに――。「浪速の視聴率男」とはいっても、どうやらそういう展開にはならないようだ。そもそもたかじんの稼ぎは、思ったほど多くなかった。

「冠番組を3本抱える視聴率男だったとはいえ、関西限定ですからね。在京キー局に比べて、ギャラも7掛け程度。たかじんさんの年収は1億円弱だったそうです。関西での人気は宮根誠司をはるかに上回りますが、稼ぎは東京に進出した宮根の3分の1ほど」(在阪テレビ局関係者)

 それでもサラリーマンにはタメ息が出る額だが、たかじんは使いっぷりも半端じゃなかった。祇園や北新地で見かけない日はないというほど夜のクラブ活動に熱心で、ひと晩で500万円使ったなんて話もある。

「だから<ほとんど残っていないんじゃないか>とささやかれています。がん療養中に<株で3000億円稼いだ>なんて話も出回っていますが、あれは完全に“ネタ”。財テクに熱心な島田紳助でさえ、資産は数十億円といわれる。たかじんさんはハワイや札幌に不動産を持っていますが、それらを合わせても、資産はせいぜい1ケタ億円だと思いますよ」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る