“視聴率男”やしきたかじん 「ケジメ婚」と「遺産」の行方

公開日: 更新日:

 3日に亡くなったやしきたかじん(享年64)の遺産をめぐり、遺族が骨肉の争いに――。「浪速の視聴率男」とはいっても、どうやらそういう展開にはならないようだ。そもそもたかじんの稼ぎは、思ったほど多くなかった。

「冠番組を3本抱える視聴率男だったとはいえ、関西限定ですからね。在京キー局に比べて、ギャラも7掛け程度。たかじんさんの年収は1億円弱だったそうです。関西での人気は宮根誠司をはるかに上回りますが、稼ぎは東京に進出した宮根の3分の1ほど」(在阪テレビ局関係者)

 それでもサラリーマンにはタメ息が出る額だが、たかじんは使いっぷりも半端じゃなかった。祇園や北新地で見かけない日はないというほど夜のクラブ活動に熱心で、ひと晩で500万円使ったなんて話もある。

「だから<ほとんど残っていないんじゃないか>とささやかれています。がん療養中に<株で3000億円稼いだ>なんて話も出回っていますが、あれは完全に“ネタ”。財テクに熱心な島田紳助でさえ、資産は数十億円といわれる。たかじんさんはハワイや札幌に不動産を持っていますが、それらを合わせても、資産はせいぜい1ケタ億円だと思いますよ」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  10. 10

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

もっと見る