• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偲ぶ会出席者に送られた…やしきたかじん妻「感謝状」の真意

〈元気で暴れん坊で、心を込めて全力で歌うやしきたかじんの変わらない姿を、皆様の記憶に、心に生かし続けて頂けましたら幸いです〉

 先月3日、64歳で亡くなったやしきたかじんさんの偲ぶ会が開かれた。東西の芸能人が駆け付けたにぎやかな会。その出席者たちは最近、お礼の挨拶状を受け取った。送り主は、「Office TAKAJIN」代表取締役の家鋪さくらさん。故人の最期を看取(みと)った妻である。

「本文は印刷されたものでしたが、宛名や欄外のメッセージは手書き。美しい字で、丁寧に書かれていた。さすが、たかじんさんが心を許した相手だと感心しましたが、肩書は事務所の代表取締役。楽曲やコンサート映像、テレビ出演した際の動画など、たかじんさんの著作権や肖像権に関わるものはいっぱいある。死後も引き合いは多いでしょう。実際、JR大阪駅の発車メロディーは、来月1日から『やっぱ好きやねん』になる。さくらさんは事務所の代表として、権利関係の仕事を続けていくつもりなんでしょうね。そんな挨拶状にも思えました」(出席者の1人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る