三浦春馬主演作大ヒット 邦画の中国進出は「合作」が“突破口”

公開日:  更新日:

 三浦春馬が主演している映画「真夜中の五分前」が、10月23日から中国で拡大公開され話題になっている。

 そのスクリーン数はなんと約4000。日本の映画館の全スクリーン数が約3300なので、何とも驚きの規模だ。日本の俳優が主演した映画で、ここまで中国でスクリーン数が多いのは前代未聞である。

「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる行定勲が監督した恋愛ミステリーだ。ただし、純粋な邦画ではない。中国との合作で、日本側の製作はアミューズが中心になって行った。

■「合作」なら国産映画扱いに

 中国の映画界には、外国映画枠という制度があって、年間で約30本の外国映画の公開が認められている。これは国産映画の保護のためだ。もっとも、その枠のほとんどを占めるのが米映画で、年間でだいたい25本。あとの5本を他の国が分け合う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る