三浦春馬主演作大ヒット 邦画の中国進出は「合作」が“突破口”

公開日: 更新日:

 三浦春馬が主演している映画「真夜中の五分前」が、10月23日から中国で拡大公開され話題になっている。

 そのスクリーン数はなんと約4000。日本の映画館の全スクリーン数が約3300なので、何とも驚きの規模だ。日本の俳優が主演した映画で、ここまで中国でスクリーン数が多いのは前代未聞である。

「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる行定勲が監督した恋愛ミステリーだ。ただし、純粋な邦画ではない。中国との合作で、日本側の製作はアミューズが中心になって行った。

■「合作」なら国産映画扱いに

 中国の映画界には、外国映画枠という制度があって、年間で約30本の外国映画の公開が認められている。これは国産映画の保護のためだ。もっとも、その枠のほとんどを占めるのが米映画で、年間でだいたい25本。あとの5本を他の国が分け合う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る