ソフトバンク孫社長のビジネス戦略に日本映画界“戦々恐々”

公開日: 更新日:

「日本映画界とは考え方も規模も違いすぎる」との声が上がっている。徐々に明らかになってくる、ソフトバンク孫正義社長(57)の映画ビジネス戦略に対してだ。

 ロイターなどによると、ソフトバンクは米の映画製作会社「レジェンダリー・エンターテインメント」に2億5000万ドル(約270億円)を出資し合弁会社を設立する。同社は日本でもヒットした「GODZILLA ゴジラ」を手掛け、第2弾も製作するという。

「孫社長はハリウッド発の映画製作に直接関わるとともに、合弁会社を通じて、インターネットや携帯端末を通じたTV映画配信サービスをスタートさせる方向です。日本映画の場合、興業収入が利益の大きなもので、DVD販売も激減しており、今やなかなか2次使用料が当て込めない状況が続いています。しかし、孫社長は製作の大本を押さえるとともにネット配信など自分たちで新たな2次使用の環境を開拓、日本はもちろん、中国やインドといった新興国をも視野にしているのです」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る