ソフトバンク孫社長のビジネス戦略に日本映画界“戦々恐々”

公開日: 更新日:

「日本映画界とは考え方も規模も違いすぎる」との声が上がっている。徐々に明らかになってくる、ソフトバンク孫正義社長(57)の映画ビジネス戦略に対してだ。

 ロイターなどによると、ソフトバンクは米の映画製作会社「レジェンダリー・エンターテインメント」に2億5000万ドル(約270億円)を出資し合弁会社を設立する。同社は日本でもヒットした「GODZILLA ゴジラ」を手掛け、第2弾も製作するという。

「孫社長はハリウッド発の映画製作に直接関わるとともに、合弁会社を通じて、インターネットや携帯端末を通じたTV映画配信サービスをスタートさせる方向です。日本映画の場合、興業収入が利益の大きなもので、DVD販売も激減しており、今やなかなか2次使用料が当て込めない状況が続いています。しかし、孫社長は製作の大本を押さえるとともにネット配信など自分たちで新たな2次使用の環境を開拓、日本はもちろん、中国やインドといった新興国をも視野にしているのです」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る