日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シリーズ化、映画化浮上 上戸彩が不倫「昼顔」のアキレス腱

 夏のドラマはスマッシュヒットがなく、盛り上がりに欠けているが、動きがあるのは上戸彩(28)が主演する「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)。

 21日放送分の視聴率は少し落としたが、平均で12%台半ば。木村拓哉が(41)主演する「HERO」(同)に続く2位をキープ。不倫というテーマに女性が飛びつき、番組への反応がいいことから次の一手を考えているという。

「フジはシリーズ化する方向で動きだしているようです。上戸のキスシーン、吉瀬美智子のセクシーな背中を見せたベッドシーン、斎藤工と北村一輝の引き締まった裸などエロチックな描写が評判がよく、新たな“官能路線”として位置づけ、定着させたいのです」(マスコミ関係者)

■「セカンドバージン」パターン

 シリーズ化にあわせて映画化の話も浮上。ドラマと映画で一気にヒットシリーズに育てていこうとしているのだ。これまで「踊る大捜査線」シリーズ、「海猿」シリーズなどで同様の手法をとってきたのがフジ。金のなる木の不倫ものを無駄にしてなるものかというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事