松山千春 ラジオで日テレ女子アナ内定取り消し問題に注文

公開日: 更新日:

「職業に貴賤はないっしょ。(職業選択の自由は)憲法で保障されてるわけだし……」

 あの松山千春(58)が、16日放送(一部22日放送)の自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「松山千春のON THE RADIO」で、日本テレビの女子アナ内定取り消し問題に触れ、話題になっている。

 番組は、NACK5をキー局に全国18局ネットで放送中の音楽番組。松山が毎週決めたテーマで3曲を選曲、プラス自身の歌1曲を披露する音楽番組。加えて、冒頭や最後のシメに松山が社会問題や政治について「自分の言葉で何か言ってもらう」(番組担当者)趣向だという。

 今回の一件に松山が疑問を投げかける。

「局のアナウンサーがバイトするのはマズイと思うよ。でも、学生のバイトでしょ。裁判で争うことなの?」

 70年代から80年代にかけて「季節の中で」「恋」「長い夜」など大ヒットを連発し、ニューミュージック界の旗手といわれた松山も58歳。まさにオジサンの正論ではないか。もっとバンバン発信してもらいたいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る