就活生に現金支給まで…企業の内定辞退対策“アノ手コノ手”

公開日:  更新日:

学生は面接すればするほど小遣いが増える

 内々定者に他社の面接を受けさせないため、遠隔地のホテルや島へ連れていく。来春卒の新卒就職は学生側の超売り手市場で、バブル期のような「拘束旅行」の噂も絶えない。企業の人事担当者は「内定辞退の続出が今から怖い」と嘆く。就活生の親は、今年だけはひと安心だ。

 長らく続いた買い手市場はどこへやら。リクルートによると、2015年3月卒の大卒・院卒求人倍率は1.61倍。求人者数は昨年比で13.9万人も増え、建設業界に限れば5.61倍と、バブル世代もビックリの超売り手市場になっている。

 約20年前にバブル期の就活を経験した信託銀行の人事担当者(46)がこう言う。

「あの頃の一部企業は、内定者を豪華客船などに乗せて隔離したもの。それでも他社の面接を受けたい友人は、拘束旅行先の旅館のトイレから脱走したほどでした。今年の就活に限れば、その雰囲気に近いものがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る