対処法はある? 「内定ブルー」で人生を棒に振る若者たち

公開日: 更新日:

 10月1日を迎え、大方の企業が新卒者に内定を出している。就職が決まるのは喜ばしいことだが、その一方で若者が苦しむ現象も起きている。「内定ブルー」だ。

 これは内定が決まった学生が「自分の選択は正しかったのか」「入社後、自分の力でちゃんとやっていけるだろうか」と悩む現象。その結果、せっかく決まった内定をフイにするような若者もいるというから、問題の根は深い。人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「一番多いのが友人にたきつけられるケース。“おまえは一流大を出てるのにその程度の会社でいいのか”“もっと有名な会社に入れただろ”と言われて、その気になり、内定を辞退して就活を再開するのです。だけど、彼らの多くがIT企業みたいな新興企業を“将来性がある”と錯覚して入社し、ブラック企業だと気付いて後悔する。このほか内定企業に“ほかの会社も受けてみます”と通告したり、自分かわいさのあまり、“入社後は営業部に配属してください。内勤はイヤです”と通告して、内定を取り消されるケースもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る