野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第6回>組合も納得させた「唐獅子牡丹」の美しさ

公開日:  更新日:

【昭和残侠伝 (1965年・東映)】

 同作品は第2次世界大戦が終わった後の東京、浅草を舞台にした任侠映画シリーズの第1作だ。任侠映画としては前年に公開された「日本侠客伝」の方が先で、そちらもシリーズ化された。「昭和残侠伝」は全9作。「日本侠客伝」は全11作になっている。

「あの頃は1年に15本の映画に出た」と、高倉健本人が語っていたが、2週間程度で撮影を終えると、次の作品が待っているといった状態だった。

 このふたつのシリーズはいずれも「任侠の健さん」を観賞する映画であり、役どころもストーリーも似ている。

 業界の腐敗、ライバルの横暴、謀略などに我慢に我慢を重ねた主人公が最後には爆発して、立ち回りになる。いずれもそんな展開だが、ただ、出てくる共演者によって、本人のやる気が違っているように見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る