野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第7回>聞きどころは健さんが腹からしゃべる英語力

公開日:  更新日:

【ブラック・レイン (1989年・パラマウント)】

 高倉健はアメリカ映画にもいくつか出演している。「燃える戦場」(1970年、ロバート・アルドリッチ監督)、「ザ・ヤクザ」(1974年、シドニー・ポラック監督)、「ミスター・ベースボール」(1992年、フレッド・スケピシ監督)。なかでも知られるのがマイケル・ダグラス主演の「ブラック・レイン」だ。ただ、この映画で強烈な印象を残したのは悪役を演じた松田優作である。高倉健はマイケル・ダグラス扮するニューヨークの刑事に翻弄される役で、健さんファンからすればちょっと不本意な感を抱くかもしれない。

 だが、この映画には健さんの見どころというより、「聞きどころ」がある。それは高倉健の英語だ。彼は福岡県の進学校、東筑高校の時代から英語が好きで、アメリカ映画を見ては英語の発声、発音を勉強した。同校では英会話研究会(ESS)の部長をやっていたこともある。明治大学に進学してからも「貿易商になるため」英語の勉強だけは続けていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る