引退説まで…ふなっしーが芸能プロのネガキャンに潰される

公開日:  更新日:

 一説に年収5億円……。いまやテレビやCMで見ない日はない千葉県船橋市の“非公認キャラクター”ふなっしー。潜在視聴率も抜群のため、人気芸人顔負けの活躍ぶりだが、実は芸能界引退説が飛び交っている。

「無理な体勢で体を酷使してしまったため、ふなっしーの“中の人”が入院に追い込まれたというのです。今後は先ごろ、弟分として発表したふなごろーのプロデューサー業に専念するとか」(放送作家)

 最近のふなっしーを巡っては、引退説に加え、守銭奴説、番組スタッフに対しあれこれ注文が多い面倒な人といったネガティブな情報が多く流れている。しかし、取材を進めると意外な声をキャッチした。

■版権ビジネスで火花

「一連のネガ情報はふなっしーの成功をやっかむ大手芸能プロの策略です。実はふなっしーは過去に何度も大手プロダクションから<ウチで面倒を見てやる>と誘われてきたんです。プロダクションの狙いはキャラクタービジネスなどの利権。でもふなっしーは全て断っている。これまでひとりですべてやってきた。成功した途端、所属しろはあまりに虫のいい話です。最近、やたらと流布されるバラエティー番組の出演料も1本100万円というのは完全なガセ情報です。正直、30万~50万くらいですよ。年収だって絶対に5億円には届かない。明らかに悪意のある情報なんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る