引退説まで…ふなっしーが芸能プロのネガキャンに潰される

公開日: 更新日:

 一説に年収5億円……。いまやテレビやCMで見ない日はない千葉県船橋市の“非公認キャラクター”ふなっしー。潜在視聴率も抜群のため、人気芸人顔負けの活躍ぶりだが、実は芸能界引退説が飛び交っている。

「無理な体勢で体を酷使してしまったため、ふなっしーの“中の人”が入院に追い込まれたというのです。今後は先ごろ、弟分として発表したふなごろーのプロデューサー業に専念するとか」(放送作家)

 最近のふなっしーを巡っては、引退説に加え、守銭奴説、番組スタッフに対しあれこれ注文が多い面倒な人といったネガティブな情報が多く流れている。しかし、取材を進めると意外な声をキャッチした。

■版権ビジネスで火花

「一連のネガ情報はふなっしーの成功をやっかむ大手芸能プロの策略です。実はふなっしーは過去に何度も大手プロダクションから<ウチで面倒を見てやる>と誘われてきたんです。プロダクションの狙いはキャラクタービジネスなどの利権。でもふなっしーは全て断っている。これまでひとりですべてやってきた。成功した途端、所属しろはあまりに虫のいい話です。最近、やたらと流布されるバラエティー番組の出演料も1本100万円というのは完全なガセ情報です。正直、30万~50万くらいですよ。年収だって絶対に5億円には届かない。明らかに悪意のある情報なんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る