• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「まだやってるの?」の声もあるが…レコード大賞続けるなぜ

 かつては紅白と並んで年末歌番の一大イベントだったTBSのレコード大賞。「え? レコード大賞ってまだあるの?」と思ってる中高年がほとんどだろうが、今年も30日に4時間超えの生放送でやるらしい。

 歌謡曲全盛の70年代には視聴率40%台(77年には50%!)、85年までは30%をキープした。

「ピンク・レディーかな、沢田研二かな、八代亜紀かも?」なんて、学校や職場で話題になるほどのコンテンツだった。それが89年からはずーっと10%台と低迷。大賞の歌を知らない(興味もない)人が増えたから、誰が受賞しよーがどうでもいい。ヒトケタまで落ちないのは「歴代受賞曲ダイジェスト」など懐かし映像を挿入して、往年の歌謡曲ファンを楽しませてるからじゃないか?

「いい加減やめろ」「レコードがもうないのに、なんでレコ大って名前なんだ!」と批判されるのに、なぜ続いているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る