松たか子産休でMay J.にのしかかる紅白“レリゴー”の重圧

公開日:  更新日:

 松たか子(37)がオメデタを発表し、NHK紅白歌合戦出場の芽はほぼ消えた。空前のヒットを記録したディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を松の生歌で楽しめないのは残念だが、これでガ然注目を集めるのが、エンドソングを担当した初出場のMay J.(26)だ。

 映画の大ヒットでメディアへの露出が増えたMay J.は、松たか子の知名度が高すぎるあまり、〈May J.が歌っても心に響かない〉〈うっとうしい〉などと激しいバッシングを受けてきた。10月に放送されたNHK「SONGS」ではパッシングに対し、〈どんなふうに思われようとも、自分が信じた歌をしっかりと気持ちを込めて、責任を持って歌い続けるしかないなと思っています〉と決意を語っている。May J.は松が出ないことで、バッシングを払拭し、オイシイところを全部持っていけるまたとないチャンスをゲットしたことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る