一流料亭でバイトの日々…俳優・神保悟志さんの下積み時代

公開日:  更新日:

 テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」で大河内春樹監察官を演じ、最近はバラエティーでも活躍している神保悟志さん(52)。下積み時代に極貧を経験、食うや食わずでも役者になる夢があったからつらくはなかった――。

 そりゃ、役者として芽が出るまでは貧乏、貧乏でしたよ。

 静岡の高校を卒業し、横浜で歯科技工士になるための専門学校に2年間通ってから東京に出てきました。最初は渋谷区猿楽町にあった「劇団俳小」っていう俳優座の分派の方たちが立ち上げた劇団の養成所に通い始めた。でも、両親には「普通の歯科技工士より高い特別な技術を身に付ける学校に通う」とウソをつき、「学費に」ともらった20万円を養成所に支払ったんです。

 その罪悪感がすごかったから、これ以上両親に迷惑をかけまいと生活を切り詰めました。世田谷区若林の4畳半1間の家賃2万円のアパートに2年間住み、その後は新中野の月1万5000円のアパートに5年間。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る