一流料亭でバイトの日々…俳優・神保悟志さんの下積み時代

公開日:  更新日:

 テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」で大河内春樹監察官を演じ、最近はバラエティーでも活躍している神保悟志さん(52)。下積み時代に極貧を経験、食うや食わずでも役者になる夢があったからつらくはなかった――。

 そりゃ、役者として芽が出るまでは貧乏、貧乏でしたよ。

 静岡の高校を卒業し、横浜で歯科技工士になるための専門学校に2年間通ってから東京に出てきました。最初は渋谷区猿楽町にあった「劇団俳小」っていう俳優座の分派の方たちが立ち上げた劇団の養成所に通い始めた。でも、両親には「普通の歯科技工士より高い特別な技術を身に付ける学校に通う」とウソをつき、「学費に」ともらった20万円を養成所に支払ったんです。

 その罪悪感がすごかったから、これ以上両親に迷惑をかけまいと生活を切り詰めました。世田谷区若林の4畳半1間の家賃2万円のアパートに2年間住み、その後は新中野の月1万5000円のアパートに5年間。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る