一流料亭でバイトの日々…俳優・神保悟志さんの下積み時代

公開日: 更新日:

 テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」で大河内春樹監察官を演じ、最近はバラエティーでも活躍している神保悟志さん(52)。下積み時代に極貧を経験、食うや食わずでも役者になる夢があったからつらくはなかった――。

 そりゃ、役者として芽が出るまでは貧乏、貧乏でしたよ。

 静岡の高校を卒業し、横浜で歯科技工士になるための専門学校に2年間通ってから東京に出てきました。最初は渋谷区猿楽町にあった「劇団俳小」っていう俳優座の分派の方たちが立ち上げた劇団の養成所に通い始めた。でも、両親には「普通の歯科技工士より高い特別な技術を身に付ける学校に通う」とウソをつき、「学費に」ともらった20万円を養成所に支払ったんです。

 その罪悪感がすごかったから、これ以上両親に迷惑をかけまいと生活を切り詰めました。世田谷区若林の4畳半1間の家賃2万円のアパートに2年間住み、その後は新中野の月1万5000円のアパートに5年間。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る