日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

くじ引きたさで駄菓子屋へ 蛭子能収“ギャンブル熱”の原点

 漫画家でありながら、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)などでタレントとしても活躍中の蛭子能収(66)。若い頃は貧乏も経験したが、そんな時でもギャンブルは欠かさず、明るいのがこの人らしい。

 貧乏っていえば、子供の頃が一番でしたね。赤ちゃんの頃、熊本から長崎に引っ越して、2階建ての五軒長屋の2階に住んでました。屋根の梁がむき出しのぼろアパートでね。蛾とか虫がいっぱい飛んでて、ヘビがネズミを丸のみしてるのに遭遇したこともありました。

 ウチは6畳と2畳の2間。そこに両親と姉、兄の5人で住んでいました。ただ、オヤジは遠洋漁業の漁師だから、あんまり家にいない。姉は8歳上で中学を卒業したら集団就職で家を出たし、6歳上のアニキも中学を出て漁師になったから、5人が揃うことはほとんどなかったんです。

 そうはいっても、狭いのは狭い。家の中は物置みたいで、昼はお膳を出して飯を食って、寝るときはお膳をどけて布団を敷いて寝る、という感じでしたね。誕生会に呼ばれて同じクラスの人の家に行ったら、キレイな一戸建てで、洋間にイスが置いてあったんですよ。ウチにはイスなんてなかったですもん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事