くじ引きたさで駄菓子屋へ 蛭子能収“ギャンブル熱”の原点

公開日:  更新日:

 漫画家でありながら、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)などでタレントとしても活躍中の蛭子能収(66)。若い頃は貧乏も経験したが、そんな時でもギャンブルは欠かさず、明るいのがこの人らしい。

 貧乏っていえば、子供の頃が一番でしたね。赤ちゃんの頃、熊本から長崎に引っ越して、2階建ての五軒長屋の2階に住んでました。屋根の梁がむき出しのぼろアパートでね。蛾とか虫がいっぱい飛んでて、ヘビがネズミを丸のみしてるのに遭遇したこともありました。

 ウチは6畳と2畳の2間。そこに両親と姉、兄の5人で住んでいました。ただ、オヤジは遠洋漁業の漁師だから、あんまり家にいない。姉は8歳上で中学を卒業したら集団就職で家を出たし、6歳上のアニキも中学を出て漁師になったから、5人が揃うことはほとんどなかったんです。

 そうはいっても、狭いのは狭い。家の中は物置みたいで、昼はお膳を出して飯を食って、寝るときはお膳をどけて布団を敷いて寝る、という感じでしたね。誕生会に呼ばれて同じクラスの人の家に行ったら、キレイな一戸建てで、洋間にイスが置いてあったんですよ。ウチにはイスなんてなかったですもん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る