マイケルに近づくほど出費…マイコーりょうの駆け出し時代

公開日: 更新日:

 マイケル・ジャクソンそっくりのルックスとパフォーマンスでブレークしたマイコーりょう。マイケルに似せるためにはお金もかかって貧しい日々が…。

もともとはダンサーをやっていて、一応生活はできていたくらいでした。ダンサーをやめて、マイケルのインパーソネーター(米国ではソックリになりきっている同様の人物を呼ぶ)を始めた頃が一番お金に困りましたね。

 髪形を同じにして、衣装も上から下まで揃えるとコストがかかる。世界一のスーパースターなわけですから、安い衣装だとお客さんにもマイケル本人にも申し訳ないし、ステージに現れた瞬間にマイケル本人が現れたようなインパクトを見せたかった。

 まず存在感をマイケルに近づけるために、ネットでマイケルの衣装のレプリカが十数万円で出ていたら、お金ないけど「必要だから!」と落札。しかも、「スリラー」とか曲ごとの衣装を揃えたので、お金はバンバン出ていきましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る