• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイケルに近づくほど出費…マイコーりょうの駆け出し時代

 マイケル・ジャクソンそっくりのルックスとパフォーマンスでブレークしたマイコーりょう。マイケルに似せるためにはお金もかかって貧しい日々が…。

もともとはダンサーをやっていて、一応生活はできていたくらいでした。ダンサーをやめて、マイケルのインパーソネーター(米国ではソックリになりきっている同様の人物を呼ぶ)を始めた頃が一番お金に困りましたね。

 髪形を同じにして、衣装も上から下まで揃えるとコストがかかる。世界一のスーパースターなわけですから、安い衣装だとお客さんにもマイケル本人にも申し訳ないし、ステージに現れた瞬間にマイケル本人が現れたようなインパクトを見せたかった。

 まず存在感をマイケルに近づけるために、ネットでマイケルの衣装のレプリカが十数万円で出ていたら、お金ないけど「必要だから!」と落札。しかも、「スリラー」とか曲ごとの衣装を揃えたので、お金はバンバン出ていきましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る