NHK新「夜の顔」鈴木奈穂子アナは政官界から人気のジジ殺し

公開日:  更新日:

 新年度から、平日午後9時スタートのNHK「ニュースウオッチ9」を担当する鈴木奈穂子アナ(33)。3月までは平日朝4時半スタートの「NHKニュース おはよう日本」を担当。爽やかな“朝の顔”として人気を博してきたが、春からは“夜の顔”となるわけだ。

 33歳とは思えない可愛らしい童顔や、低くて温かみのある声が魅力の癒やし系。男性の中でも政治家や官僚から人気が高いといわれ、“夜の顔”は適任といえる。鈴木本人も、「納得いかないところは納得いかないと言う、最初の視聴者目線で見た時の思いを大事にしようと思っている」と意欲マンマンだ。

「心配なのは、『ニュースウオッチ9』は基本的にスタジオ内への原稿持ち込みは禁止、といわれていること。つまり、ただ原稿を読めばいいだけ、というわけではありません。日頃の勉強や積み重ねた知識がないと、視聴者を満足させられる番組はつくれないでしょう。鈴木アナは3年前のロンドン五輪の際、現地キャスターを務めましたが、勉強が足りない、といった厳しい批判の声もあった。今回は相当勉強しないといけません」(放送ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る