日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング

 バラエティー番組を制作する際、まず局のプロデューサーが気に掛けるのが「神5」と呼ばれるゲスト陣。視聴率をアップさせるうえで絶対に欠かせない存在なのだという。

 多くのレギュラー・バラエティー番組を掛け持つ売れっ子放送作家が解説する。
「『神5』とは、バラエティー番組のひな壇に座るゲストのジャンルを分類したワードです。大まかに分けると芸人、オネエ、ハーフ、文化人、そしてママタレの5種類になる。それぞれがギャラなどで完全な縦割りになっていて、予算や視聴率を念頭にしながらキャスティングしていくんです」

 新番組の初回放送や番組MCに不安がある時、あるいはVTRの出来がイマイチな時などに視聴率の担保としてこの「神5」がキャスティングされるというワケ。当然、各局はこれら「神5」のキャスティングを繰り返すため、各ジャンルでランク上位の芸能人は大人気となり、スケジュールがすぐに埋まってしまう。ジャンルごとの競争、序列変更も激しい。とりわけママタレ界は、過去5年間、番組及び潜在視聴率にギャラなどからコストパフォーマンス率を割り出した実績が、このほど精査され、ランキングが大幅に入れ替わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事