三船、江角が沈み菊池浮上 激変「ママタレ」報酬ランキング

公開日: 更新日:

 バラエティー番組を制作する際、まず局のプロデューサーが気に掛けるのが「神5」と呼ばれるゲスト陣。視聴率をアップさせるうえで絶対に欠かせない存在なのだという。

 多くのレギュラー・バラエティー番組を掛け持つ売れっ子放送作家が解説する。
「『神5』とは、バラエティー番組のひな壇に座るゲストのジャンルを分類したワードです。大まかに分けると芸人、オネエ、ハーフ、文化人、そしてママタレの5種類になる。それぞれがギャラなどで完全な縦割りになっていて、予算や視聴率を念頭にしながらキャスティングしていくんです」

 新番組の初回放送や番組MCに不安がある時、あるいはVTRの出来がイマイチな時などに視聴率の担保としてこの「神5」がキャスティングされるというワケ。当然、各局はこれら「神5」のキャスティングを繰り返すため、各ジャンルでランク上位の芸能人は大人気となり、スケジュールがすぐに埋まってしまう。ジャンルごとの競争、序列変更も激しい。とりわけママタレ界は、過去5年間、番組及び潜在視聴率にギャラなどからコストパフォーマンス率を割り出した実績が、このほど精査され、ランキングが大幅に入れ替わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る