元宝塚トップスター古城都が心血注ぐ舞台専門「芸術塾」

公開日:  更新日:

 一昨年2月に亡くなった俳優・本郷功次郎さんは70年代を代表する二枚目スター。テレビ朝日系で放映された「特捜最前線」の橘剛刑事役は実にカッコ良かった。本日登場の古城都さん(71)は本郷さんの妻で、結婚前は宝塚歌劇団の看板スターだった。さて、今どうしているのか。

「去年はホント、大忙しでした。1月に宝塚歌劇団設立100周年を記念して開設された『宝塚歌劇の殿堂』に100人の功労者のひとりとして選ばれ、4月4日に宝塚大歌劇場で式典公演『夢の祭典 時を奏でるスミレの花たち』に出演。

 そうした中、13年前から始めた静岡県三島市でのタップダンスと声楽の講座に続き、4月20日、浜松市に音楽とミュージカル、それに舞台の専門私塾『芸術塾』を始めました。その合間に横浜のNHKカルチャーセンターや静岡市で講師を務めなければならない。自宅でゆっくりする時間はほとんどなかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る