デーモン&やく氏 メディアと冷戦続く横綱白鵬に“救いの手”

公開日:  更新日:

 15日、「勝手に大相撲審議会」の出版記念イベントに登場したのはデーモン閣下(10万52)とやくみつる(56)。「好角家」として知られる2人のために、大相撲中継が見られるようイベント開催時間が設定された。

 審判批判をしたことで注目された横綱・白鵬について話題が及ぶと、閣下は「舌禍事件といえば麻生太郎か白鵬か。今場所は最初の方は何だコレ?って相撲をしていたから、わざと際どい相撲をとって審判を試してるのかもよ」とニヤリ。さらに、「天皇陛下から手紙をもらうすごい力士。天皇陛下の手紙は紫綬褒章なんかよりよっぽど価値がある。あんなん役人が決めてるんだから」とかばうと会場はシーン……。やくが慌てて、「絶対につぶやかないようにね!」と会場に集まった観客たちに“口止め”したほどだった。

 問題発言の絶えない白鵬を見かねたやくは「もうこれはデーモン閣下が白鵬とマスコミの間を取り持つしかないと思う。『会見のときは吾輩が横にいてやるから』と言うとか」と提案し、閣下も「じゃあ白鵬が謝罪会見するときは、よく見る長テーブルで隣に並んですごい深々と頭を下げたりして?」とやぶさかではない様子だった。

 壇上では注目力士の組み手を実演する一幕も。2人の「相撲愛」は白鵬の凍った心を解かすのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る