デーモン&やく氏 メディアと冷戦続く横綱白鵬に“救いの手”

公開日: 更新日:

 15日、「勝手に大相撲審議会」の出版記念イベントに登場したのはデーモン閣下(10万52)とやくみつる(56)。「好角家」として知られる2人のために、大相撲中継が見られるようイベント開催時間が設定された。

 審判批判をしたことで注目された横綱・白鵬について話題が及ぶと、閣下は「舌禍事件といえば麻生太郎か白鵬か。今場所は最初の方は何だコレ?って相撲をしていたから、わざと際どい相撲をとって審判を試してるのかもよ」とニヤリ。さらに、「天皇陛下から手紙をもらうすごい力士。天皇陛下の手紙は紫綬褒章なんかよりよっぽど価値がある。あんなん役人が決めてるんだから」とかばうと会場はシーン……。やくが慌てて、「絶対につぶやかないようにね!」と会場に集まった観客たちに“口止め”したほどだった。

 問題発言の絶えない白鵬を見かねたやくは「もうこれはデーモン閣下が白鵬とマスコミの間を取り持つしかないと思う。『会見のときは吾輩が横にいてやるから』と言うとか」と提案し、閣下も「じゃあ白鵬が謝罪会見するときは、よく見る長テーブルで隣に並んですごい深々と頭を下げたりして?」とやぶさかではない様子だった。

 壇上では注目力士の組み手を実演する一幕も。2人の「相撲愛」は白鵬の凍った心を解かすのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る