• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冷戦さらに激化 白鵬を意固地にさせるメディアの手の平返し

 横綱白鵬(29)とマスコミの「冷戦」が悪化の一途をたどっている。

 白鵬は初場所後、自身の取り直し判定に納得いかず、「子供でもわかる相撲」と審判部を批判した。マスコミがこれを「横綱にあるまじき言動」と指摘するや、謝罪するどころか態度を硬化。春場所初日を8日に控えながら、報道陣を無視し続けているのだ。
 さらに付け人は担当記者らを威嚇して追い払い、出稽古先ではカメラのフラッシュにいら立って報道陣を全員閉め出すなど、やりたい放題に拍車がかかっている。

 白鵬の思考の根本は「勝てば官軍」。だから何をしても許される。優勝33回で偉大な横綱・大鵬を抜いたオレがなぜ批判されなきゃいけないのか。モンゴル人だから差別しているのか――ということらしい。

 だがしかし、白鵬をここまで増長させたのはマスコミの責任も大きい。白鵬の土俵態度の悪さや性格は以前からマスコミも熟知していたことだ。白鵬以上に傍若無人が甚だしい朝青龍を「ヒール役」にして、白鵬を「正義の横綱」に祭り上げた。朝青龍の引退後も「日本人より日本人らしい力士」「大横綱の風格」などと、欠点に目をつぶってきたのは、日本人力士が皆だらしなく、大相撲は白鵬に頼らざるを得なかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る