朝青龍が白鵬擁護 修正不能なモンゴル勢と世間の“ズレ”

公開日: 更新日:

 暴君が吠えた。

 3日、いまだ収束しない横綱白鵬(29)の失言騒動を、モンゴルの先輩横綱朝青龍(34)がツイッターで擁護した。

「審判部間違えもうあるよ!何回もう、あった俺の時!!」
「白鵬もう帰って来て欲しい!!前人未到!!つまらない事に意地悪されたら!!世界広いよ」
「白鵬いじめるな!!マスコミたち!!その心良く分かる人として!!」(原文ママ)

 さらに「つまらない事に厳しく文句言う、それより強い力士作る事大切!!」と返す刀で協会、親方衆も非難した。

 あの朝青龍が両横綱時代に犬猿の仲だった白鵬をかばうなんて薄気味悪いが、今回の件を「つまらない事」と言う時点でやはりモンゴル勢はズレている。

 審判部批判はあの業界ではご法度。その上、相撲協会が人種差別をしていると決め付けては火に油を注いだ。しかし、むしろ協会はモンゴル勢に大甘なのが実情だ。その「恩恵」を最も受け、度重なる素行不良も、お目こぼししてもらっていたのが朝青龍であり、白鵬ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る