朝青龍が白鵬擁護 修正不能なモンゴル勢と世間の“ズレ”

公開日:  更新日:

 暴君が吠えた。

 3日、いまだ収束しない横綱白鵬(29)の失言騒動を、モンゴルの先輩横綱朝青龍(34)がツイッターで擁護した。

「審判部間違えもうあるよ!何回もう、あった俺の時!!」
「白鵬もう帰って来て欲しい!!前人未到!!つまらない事に意地悪されたら!!世界広いよ」
「白鵬いじめるな!!マスコミたち!!その心良く分かる人として!!」(原文ママ)

 さらに「つまらない事に厳しく文句言う、それより強い力士作る事大切!!」と返す刀で協会、親方衆も非難した。

 あの朝青龍が両横綱時代に犬猿の仲だった白鵬をかばうなんて薄気味悪いが、今回の件を「つまらない事」と言う時点でやはりモンゴル勢はズレている。

 審判部批判はあの業界ではご法度。その上、相撲協会が人種差別をしていると決め付けては火に油を注いだ。しかし、むしろ協会はモンゴル勢に大甘なのが実情だ。その「恩恵」を最も受け、度重なる素行不良も、お目こぼししてもらっていたのが朝青龍であり、白鵬ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る