朝青龍が白鵬擁護 修正不能なモンゴル勢と世間の“ズレ”

公開日:  更新日:

 暴君が吠えた。

 3日、いまだ収束しない横綱白鵬(29)の失言騒動を、モンゴルの先輩横綱朝青龍(34)がツイッターで擁護した。

「審判部間違えもうあるよ!何回もう、あった俺の時!!」
「白鵬もう帰って来て欲しい!!前人未到!!つまらない事に意地悪されたら!!世界広いよ」
「白鵬いじめるな!!マスコミたち!!その心良く分かる人として!!」(原文ママ)

 さらに「つまらない事に厳しく文句言う、それより強い力士作る事大切!!」と返す刀で協会、親方衆も非難した。

 あの朝青龍が両横綱時代に犬猿の仲だった白鵬をかばうなんて薄気味悪いが、今回の件を「つまらない事」と言う時点でやはりモンゴル勢はズレている。

 審判部批判はあの業界ではご法度。その上、相撲協会が人種差別をしていると決め付けては火に油を注いだ。しかし、むしろ協会はモンゴル勢に大甘なのが実情だ。その「恩恵」を最も受け、度重なる素行不良も、お目こぼししてもらっていたのが朝青龍であり、白鵬ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る