日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バラエティー番組で謝罪 白鵬を増長させた相撲協会の“腐敗”

「場所後の件ですが、多くの人々にご迷惑をかけ、ご心配をかけ、おわびしたいです」

 物議を醸していた審判部批判について、ようやく謝罪をした横綱白鵬(29)。しかし、禊の場として選んだのは、ゲスト出演した31日放送のバラエティー番組だった。

 番組冒頭で司会者から紹介されるや、歴代単独最多の33回優勝を「偉大な記録」と自画自賛。その後、ついでのように冒頭の言葉を述べた。

 バラエティー番組ならばうるさい報道陣がおらず、一方的にしゃべれる。「場所後の件」と言葉を濁したのは、いまだに「審判部は子供以下」という発言を訂正する気はないからだろう。かつてバンクーバー五輪でスノーボードの国母和宏が服装について非難され、「ちっ、うっせーな」と小声でつぶいやいた後、「反省してまーす」と仕方なく頭を下げたことがあった。白鵬も同じ心境ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事