バラエティー番組で謝罪 白鵬を増長させた相撲協会の“腐敗”

公開日:  更新日:

「場所後の件ですが、多くの人々にご迷惑をかけ、ご心配をかけ、おわびしたいです」

 物議を醸していた審判部批判について、ようやく謝罪をした横綱白鵬(29)。しかし、禊の場として選んだのは、ゲスト出演した31日放送のバラエティー番組だった。

 番組冒頭で司会者から紹介されるや、歴代単独最多の33回優勝を「偉大な記録」と自画自賛。その後、ついでのように冒頭の言葉を述べた。

 バラエティー番組ならばうるさい報道陣がおらず、一方的にしゃべれる。「場所後の件」と言葉を濁したのは、いまだに「審判部は子供以下」という発言を訂正する気はないからだろう。かつてバンクーバー五輪でスノーボードの国母和宏が服装について非難され、「ちっ、うっせーな」と小声でつぶいやいた後、「反省してまーす」と仕方なく頭を下げたことがあった。白鵬も同じ心境ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る