日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舌禍騒動の影響深刻…白鵬の「懸賞」が先場所から2日で半減

 一本、一本、また一本と懸賞が減っていく。

 結びの一番の直前に行われた横綱白鵬(29)と佐田の海との一番。角界の第一人者たる横綱だけに、懸賞旗が土俵を何周も……というのは過去の話だ。春場所2日目、この一番に勝利した白鵬が手にした懸賞はたったの15本だった。

 審判部批判の舌禍騒動からというもの、白鵬のイメージはがた落ち。マスコミもこれまでの優等生扱いをやめ、本来の「横暴力士」としての素顔を書き立てている。懸賞を出しているのは、ほとんどが企業。彼らも白鵬を敬遠し始めている、ともっぱらである。

 先場所と比べると一目瞭然だ。懸賞の本数が初日は50本から26本、2日目も28本から15本に減った。いくら先場所は大鵬超えとなる33回目の優勝が注目されていたとはいえ、この凋落はそれだけでは説明できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事