舌禍騒動の影響深刻…白鵬の「懸賞」が先場所から2日で半減

公開日: 更新日:

 一本、一本、また一本と懸賞が減っていく。

 結びの一番の直前に行われた横綱白鵬(29)と佐田の海との一番。角界の第一人者たる横綱だけに、懸賞旗が土俵を何周も……というのは過去の話だ。春場所2日目、この一番に勝利した白鵬が手にした懸賞はたったの15本だった。

 審判部批判の舌禍騒動からというもの、白鵬のイメージはがた落ち。マスコミもこれまでの優等生扱いをやめ、本来の「横暴力士」としての素顔を書き立てている。懸賞を出しているのは、ほとんどが企業。彼らも白鵬を敬遠し始めている、ともっぱらである。

 先場所と比べると一目瞭然だ。懸賞の本数が初日は50本から26本、2日目も28本から15本に減った。いくら先場所は大鵬超えとなる33回目の優勝が注目されていたとはいえ、この凋落はそれだけでは説明できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  10. 10

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

もっと見る