舌禍騒動の影響深刻…白鵬の「懸賞」が先場所から2日で半減

公開日: 更新日:

 一本、一本、また一本と懸賞が減っていく。

 結びの一番の直前に行われた横綱白鵬(29)と佐田の海との一番。角界の第一人者たる横綱だけに、懸賞旗が土俵を何周も……というのは過去の話だ。春場所2日目、この一番に勝利した白鵬が手にした懸賞はたったの15本だった。

 審判部批判の舌禍騒動からというもの、白鵬のイメージはがた落ち。マスコミもこれまでの優等生扱いをやめ、本来の「横暴力士」としての素顔を書き立てている。懸賞を出しているのは、ほとんどが企業。彼らも白鵬を敬遠し始めている、ともっぱらである。

 先場所と比べると一目瞭然だ。懸賞の本数が初日は50本から26本、2日目も28本から15本に減った。いくら先場所は大鵬超えとなる33回目の優勝が注目されていたとはいえ、この凋落はそれだけでは説明できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る