30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

公開日:  更新日:

「あまちゃん」や「半沢直樹」以降、たしかな演技力をもつ劇団や舞台出身のバイプレーヤーがテレビドラマの世界を席巻している。遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。

 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろう。

「バイプレーヤー読本」(洋泉社MOOK)で小市にインタビューしている田幸和歌子氏が言う。

「演じる役でまったく別の顔になり切れるのが、俳優・小市慢太郎の最大の魅力です。ヒールだろうが、気のいい主人公の父親だろうが、どんな役柄にも染まることのできるカメレオン俳優。荒川良々や古田新太のように本人のキャラが立ち、作品のアクセントになるようなタイプではありません。だから、見る人によって印象が異なる。演技派揃いの舞台出身俳優の中でも、とりわけ玄人筋の評価が高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る