• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

「あまちゃん」や「半沢直樹」以降、たしかな演技力をもつ劇団や舞台出身のバイプレーヤーがテレビドラマの世界を席巻している。遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。

 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろう。

「バイプレーヤー読本」(洋泉社MOOK)で小市にインタビューしている田幸和歌子氏が言う。

「演じる役でまったく別の顔になり切れるのが、俳優・小市慢太郎の最大の魅力です。ヒールだろうが、気のいい主人公の父親だろうが、どんな役柄にも染まることのできるカメレオン俳優。荒川良々や古田新太のように本人のキャラが立ち、作品のアクセントになるようなタイプではありません。だから、見る人によって印象が異なる。演技派揃いの舞台出身俳優の中でも、とりわけ玄人筋の評価が高い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る