生瀬勝久とあと2人は…不動の売れっ子「脇役三羽ガラス」

公開日: 更新日:

 発売中の週刊誌2誌が、そろって“脇役”にスポットを当てている。週刊現代が「日本一の『名脇役』」と題してテレビ・映画で活躍した名優たちのグラビア特集を組めば、週刊朝日は「遅咲き中年男性俳優たち」の特集ときた。

 週刊現代は、志賀勝、成田三樹夫ら懐かしの脇役から目下活躍中の笹野高史、吉田羊まで25人がずらり。週刊朝日ではNHK朝ドラで嘉納伝助役の好演が光った吉田鋼太郎ほか松重豊香川照之らシブ~イ男たちが並ぶ。なるほど、いずれもドラマや映画に欠かせない面々だ。

「いま一番の“売れっ子”は、今年立て続けに刑事ドラマに出演中の生瀬勝久か、小日向文世でしょう。それに大杉漣。最近の人気ドラマにはこの3人の誰かが出演していたはず。露出度はトップクラスのはずです」(広告関係者)

 3人の年齢は生瀬が53歳、小日向は60歳、大杉は62歳。“脇役三羽ガラス”の活躍は、同世代にとっては心強い応援歌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  6. 6

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  9. 9

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

  10. 10

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

もっと見る