生瀬勝久とあと2人は…不動の売れっ子「脇役三羽ガラス」

公開日: 更新日:

 発売中の週刊誌2誌が、そろって“脇役”にスポットを当てている。週刊現代が「日本一の『名脇役』」と題してテレビ・映画で活躍した名優たちのグラビア特集を組めば、週刊朝日は「遅咲き中年男性俳優たち」の特集ときた。

 週刊現代は、志賀勝、成田三樹夫ら懐かしの脇役から目下活躍中の笹野高史、吉田羊まで25人がずらり。週刊朝日ではNHK朝ドラで嘉納伝助役の好演が光った吉田鋼太郎ほか松重豊香川照之らシブ~イ男たちが並ぶ。なるほど、いずれもドラマや映画に欠かせない面々だ。

「いま一番の“売れっ子”は、今年立て続けに刑事ドラマに出演中の生瀬勝久か、小日向文世でしょう。それに大杉漣。最近の人気ドラマにはこの3人の誰かが出演していたはず。露出度はトップクラスのはずです」(広告関係者)

 3人の年齢は生瀬が53歳、小日向は60歳、大杉は62歳。“脇役三羽ガラス”の活躍は、同世代にとっては心強い応援歌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る