トーク番組司会の打診も 松重豊に「キムタクを食った」の声

公開日: 更新日:

 木村拓哉(41)の主演ドラマ「HERO」の予想を超える大ヒットに、フジテレビ内はお祭りムード一色に染まっている。

 前評判はイマイチだったものの、蓋を開けてみれば平均視聴率21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現時点における民放連ドラのトップに躍り出た。この結果に即、行動を起こしたのが亀山千広社長だ。

「ジャニーズ上層部と映画版『HERO2』製作について直談判を行ったというんです。現在のフジは『踊る大捜査線』『海猿』に続くキラーコンテンツを確保したい。そりゃもう必死だったそうです」(事情通)

 そんな“ドル箱”への期待がかかるドラマで、“キムタクを食った男”としてにわかに注目を集めている俳優がいる。「HERO」では部長検事役を好演した松重豊(51)だ。こわもてからは想像もつかないユニークな演技で圧倒的な存在感を示し、「何を演じてもキムタク以上、キムタク以下にはならない木村を完全に食った」(ドラマ関係者)といわれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る