日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トーク番組司会の打診も 松重豊に「キムタクを食った」の声

 木村拓哉(41)の主演ドラマ「HERO」の予想を超える大ヒットに、フジテレビ内はお祭りムード一色に染まっている。

 前評判はイマイチだったものの、蓋を開けてみれば平均視聴率21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現時点における民放連ドラのトップに躍り出た。この結果に即、行動を起こしたのが亀山千広社長だ。

「ジャニーズ上層部と映画版『HERO2』製作について直談判を行ったというんです。現在のフジは『踊る大捜査線』『海猿』に続くキラーコンテンツを確保したい。そりゃもう必死だったそうです」(事情通)

 そんな“ドル箱”への期待がかかるドラマで、“キムタクを食った男”としてにわかに注目を集めている俳優がいる。「HERO」では部長検事役を好演した松重豊(51)だ。こわもてからは想像もつかないユニークな演技で圧倒的な存在感を示し、「何を演じてもキムタク以上、キムタク以下にはならない木村を完全に食った」(ドラマ関係者)といわれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事