トーク番組司会の打診も 松重豊に「キムタクを食った」の声

公開日:  更新日:

 木村拓哉(41)の主演ドラマ「HERO」の予想を超える大ヒットに、フジテレビ内はお祭りムード一色に染まっている。

 前評判はイマイチだったものの、蓋を開けてみれば平均視聴率21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現時点における民放連ドラのトップに躍り出た。この結果に即、行動を起こしたのが亀山千広社長だ。

「ジャニーズ上層部と映画版『HERO2』製作について直談判を行ったというんです。現在のフジは『踊る大捜査線』『海猿』に続くキラーコンテンツを確保したい。そりゃもう必死だったそうです」(事情通)

 そんな“ドル箱”への期待がかかるドラマで、“キムタクを食った男”としてにわかに注目を集めている俳優がいる。「HERO」では部長検事役を好演した松重豊(51)だ。こわもてからは想像もつかないユニークな演技で圧倒的な存在感を示し、「何を演じてもキムタク以上、キムタク以下にはならない木村を完全に食った」(ドラマ関係者)といわれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る