国分太一を切れない事情で…真矢ミキ「ビビット」で悪目立ち

公開日: 更新日:

 今週から装いも新たに続々と始まる新番組。きのう(30日)は先陣を切って各局の情報・ワイドショー番組がスタートしたが、すこぶる悪目立ちしてしまったのが、TBSの帯番組2本だ。

 TOKIO国分太一(40)と真矢ミキ(51)のダブルMCを売りとした「白熱ライブ ビビット」(8時~)。前身の「いっぷく!」は視聴率1%台と信じがたい数字を記録し続け、わずか1年で打ち切りとなったにもかかわらず、「TBS側が三顧の礼でジャニーズ側にオファーしたものだから国分をクビにできない」(テレビ関係者)。そんな大人の事情により、国分のMC続投が決まり、相方にはMC業は初の真矢を起用。放送前から期待薄だったが、ご多分に漏れず――。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「世間知らずな太一をフォローするべく、はなまるマーケットの岡江さん的役割を期待して起用したであろう真矢が、少なくとも2度、首をかしげるような問題発言。早くも“失言降板”を予感させました。ニュースが読める硬派な井上貴博アナを不慣れなお買い物ロケに出し、笑いのネタにするのは宝の持ち腐れだし、曜日レギュラーのヒロミは隙あらば番組を乗っ取ろうというヤマっ気が画面からにじみ出ていた。ド派手な紫色の番組セットもセンスのなさ以前に目がチカチカ。キャストも内容もスタジオもつらいの三重苦です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る