国分太一を切れない事情で…真矢ミキ「ビビット」で悪目立ち

公開日:  更新日:

 今週から装いも新たに続々と始まる新番組。きのう(30日)は先陣を切って各局の情報・ワイドショー番組がスタートしたが、すこぶる悪目立ちしてしまったのが、TBSの帯番組2本だ。

 TOKIO国分太一(40)と真矢ミキ(51)のダブルMCを売りとした「白熱ライブ ビビット」(8時~)。前身の「いっぷく!」は視聴率1%台と信じがたい数字を記録し続け、わずか1年で打ち切りとなったにもかかわらず、「TBS側が三顧の礼でジャニーズ側にオファーしたものだから国分をクビにできない」(テレビ関係者)。そんな大人の事情により、国分のMC続投が決まり、相方にはMC業は初の真矢を起用。放送前から期待薄だったが、ご多分に漏れず――。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「世間知らずな太一をフォローするべく、はなまるマーケットの岡江さん的役割を期待して起用したであろう真矢が、少なくとも2度、首をかしげるような問題発言。早くも“失言降板”を予感させました。ニュースが読める硬派な井上貴博アナを不慣れなお買い物ロケに出し、笑いのネタにするのは宝の持ち腐れだし、曜日レギュラーのヒロミは隙あらば番組を乗っ取ろうというヤマっ気が画面からにじみ出ていた。ド派手な紫色の番組セットもセンスのなさ以前に目がチカチカ。キャストも内容もスタジオもつらいの三重苦です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る