国分太一を切れない事情で…真矢ミキ「ビビット」で悪目立ち

公開日: 更新日:

 今週から装いも新たに続々と始まる新番組。きのう(30日)は先陣を切って各局の情報・ワイドショー番組がスタートしたが、すこぶる悪目立ちしてしまったのが、TBSの帯番組2本だ。

 TOKIO国分太一(40)と真矢ミキ(51)のダブルMCを売りとした「白熱ライブ ビビット」(8時~)。前身の「いっぷく!」は視聴率1%台と信じがたい数字を記録し続け、わずか1年で打ち切りとなったにもかかわらず、「TBS側が三顧の礼でジャニーズ側にオファーしたものだから国分をクビにできない」(テレビ関係者)。そんな大人の事情により、国分のMC続投が決まり、相方にはMC業は初の真矢を起用。放送前から期待薄だったが、ご多分に漏れず――。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「世間知らずな太一をフォローするべく、はなまるマーケットの岡江さん的役割を期待して起用したであろう真矢が、少なくとも2度、首をかしげるような問題発言。早くも“失言降板”を予感させました。ニュースが読める硬派な井上貴博アナを不慣れなお買い物ロケに出し、笑いのネタにするのは宝の持ち腐れだし、曜日レギュラーのヒロミは隙あらば番組を乗っ取ろうというヤマっ気が画面からにじみ出ていた。ド派手な紫色の番組セットもセンスのなさ以前に目がチカチカ。キャストも内容もスタジオもつらいの三重苦です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る