日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連ドラ軒並み不発で…TBSは「渡鬼」四天王に頭が上がらず

 担当プロデューサーがツイッターで“公開懺悔”した堀北真希(26)主演の連ドラ「まっしろ」だが、24日放送の第7話の視聴率が4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。1月期ドラマでワーストタイの不名誉となった。

 他の連ドラも軒並み不発。そんな絶不調のTBSが一縷の望みを託したのが2週連続で放送した2時間ドラマ「渡る世間は鬼ばかり2015」だった。前編10.4%、後編12.5%と好視聴率をマーク。とくに16日の後編は裏番組の池上彰特番や月9を抑え、民放トップの金星を挙げたのだ。

 今回のスペシャルは、「おかくら」の主人・大吉を演じる宇津井健(享年82)が昨年3月に亡くなったため、大吉が急逝したという設定。父親の遺産1億円の相続をめぐり、5姉妹が一悶着起こすという内容だった。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事