連ドラ軒並み不発で…TBSは「渡鬼」四天王に頭が上がらず

公開日: 更新日:

 担当プロデューサーがツイッターで“公開懺悔”した堀北真希(26)主演の連ドラ「まっしろ」だが、24日放送の第7話の視聴率が4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。1月期ドラマでワーストタイの不名誉となった。

 他の連ドラも軒並み不発。そんな絶不調のTBSが一縷の望みを託したのが2週連続で放送した2時間ドラマ「渡る世間は鬼ばかり2015」だった。前編10.4%、後編12.5%と好視聴率をマーク。とくに16日の後編は裏番組の池上彰特番や月9を抑え、民放トップの金星を挙げたのだ。

 今回のスペシャルは、「おかくら」の主人・大吉を演じる宇津井健(享年82)が昨年3月に亡くなったため、大吉が急逝したという設定。父親の遺産1億円の相続をめぐり、5姉妹が一悶着起こすという内容だった。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る