日テレOB真山氏 女子アナ内定取り消しに「みっともない」

公開日:  更新日:

「OBとしては、みっともないの一言。結果的に入社させるなら、裁判になる前に何とかならなかったのかというのが率直な感想です」

 こう語るのは元日本テレビの真山勇一氏(71)だ。先日、和解が成立した日テレの女子アナ内定取り消し訴訟。銀座のクラブホステスのバイト歴を理由に「アナウンサーに求められる清廉性がない」として内定を取り消された東洋英和女学院大4年の笹崎里菜さん(22、写真=本人のツイッターから)は提訴の末に入社を勝ち取った。しかし、結果的に「折れた」とはいえ、ここに至るまでの日テレ側の対応にはかなりの問題があったのは事実だ。

 日テレ時代は「きょうの出来事」「ニュースプラス1」など報道番組でキャスターを歴任。07年に退社後は調布市議に転じ、現在は参議院議員(維新の党)を務める真山氏に今回の顛末について話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る