グラドル小林恵美 「手取り3万円」どん底時代のタケノコ生活

公開日: 更新日:

 グラビアアイドルとして活躍し、「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)などのバラエティー番組で人気だった小林恵美さん(32)。最近は“お姉さま”“人妻”キャラで男性誌グラビアやDVDで活躍中だ。だが、仕事がなく暇なときは……。

■グラビアバブル崩壊で生活が一変

 私が芸能界デビューした2002年って、ピークこそ過ぎてはいましたが、まだグラビアバブルだったんです。一番最初のお仕事がハワイロケで、事務所に所属してわずか1週間後の出発でしたからね。黙っていても、次から次へと撮影やキャンペーンゲストのお仕事があって、曜日の感覚がなくなるほど忙しかったんです。

 でも、どんどん新人のグラビアアイドルやグループアイドルの子たちがデビューしてきて、それなのに、グラビア誌は休刊続き。バブルは崩壊しちゃって、5、6年ほど前からお仕事が目に見えて減ってきたんです。私は完全歩合給ですから、仕事減=収入減。ひどい時は1カ月の手取りが1万8000円とか3万円なんてこともあったんですよ。高校時代に東京ドームでビールの売り子のバイトをしてた時のほうが、よほど安定していいお給料でしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る