グラドル小林恵美 「手取り3万円」どん底時代のタケノコ生活

公開日:  更新日:

 グラビアアイドルとして活躍し、「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)などのバラエティー番組で人気だった小林恵美さん(32)。最近は“お姉さま”“人妻”キャラで男性誌グラビアやDVDで活躍中だ。だが、仕事がなく暇なときは……。

■グラビアバブル崩壊で生活が一変

 私が芸能界デビューした2002年って、ピークこそ過ぎてはいましたが、まだグラビアバブルだったんです。一番最初のお仕事がハワイロケで、事務所に所属してわずか1週間後の出発でしたからね。黙っていても、次から次へと撮影やキャンペーンゲストのお仕事があって、曜日の感覚がなくなるほど忙しかったんです。

 でも、どんどん新人のグラビアアイドルやグループアイドルの子たちがデビューしてきて、それなのに、グラビア誌は休刊続き。バブルは崩壊しちゃって、5、6年ほど前からお仕事が目に見えて減ってきたんです。私は完全歩合給ですから、仕事減=収入減。ひどい時は1カ月の手取りが1万8000円とか3万円なんてこともあったんですよ。高校時代に東京ドームでビールの売り子のバイトをしてた時のほうが、よほど安定していいお給料でしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る