日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

財テクグラドル杉原杏璃 売れない時代「テーブルは段ボール」

 財テクでも話題のGカップグラドル、杉原杏璃さん(32)はグラビアの仕事を始める前は超貧乏。節約でお金を使わない暮らしが、財テクにも生かされた――?

■総菜が80%オフの深夜帯狙いスーパーへ

 16歳の時から広島と東京を往復しながら芝居などの仕事をやってて、20歳で上京。父から出されたのは「22歳までは仕送りするから、バイトは絶対やってはダメ」って条件でした。同い年の大学生がもらうくらいの額だったけど、都内のマンションは6畳のワンルームでも家賃は10万円近くするし、オーディションに着ていく服やメーク道具、美容に月3万円はかかる。生活費は3万円しか残りませんでした。

 しかも、女優の仕事はほとんど入らない(笑い)。テレビや冷蔵庫は事務所の先輩が買い替えるって時にもらって、カーテンは1000円で生地を買い、切ってサイズを合わせて使ってた。引っ越しの時に使った段ボール箱をテーブルにして、玄関マットもバスマットも百均のタオル。それを手洗いして使っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事