フジは落胆…木村拓哉が「月9」からテレ朝に乗り換えたワケ

公開日: 更新日:

 今春、SMAPの木村拓哉(42)がテレビ朝日の“モクク(木9)”枠に初挑戦するというので話題だ。正式発表はこれからだが、“モクク”といえば昨年、番組平均視聴率22.9%を叩き出した米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」ですっかりお馴染みになったテレ朝の看板枠。テレビ界は早くもこの話で持ち切りである。

「木村が馴染みの深かったフジからテレ朝に乗り換えた格好。当初は今夏、公開される映画版『HERO2』とリンクする形で『HERO』のドラマシーズン3に出演するのではと業界内では噂されていた。でも実際はテレ朝のドラマを選択したんです。フジ上層部はかなり落ち込んでいたとか」(制作会社プロデューサー)

 木村がフジよりもテレ朝を選択した理由は、「ドクターX」の大成功を目の当たりにしたこともさることながら、若手を中心とした制作体制に惚れ込んだからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る