失恋ソング「ロードショー」が売れたジェームス西田さんは今

公開日:  更新日:

「およげ!たいやきくん」や「春一番」「ペッパー警部」などが大ヒットした76年、フォークソングで最も評判だったのは失恋ソング「ロードショー」だ。歌ったのは京都産業大学の学生デュオ「古時計」。ジェームス西田さんと大場弘一さんのハーモニーが耳に残る。たった1年で芸能界から姿を消した西田さん、今どうしているのか。

■「どうせ道楽でしょ?」と問うたら…

「07年に再デビューして以来、2枚目のシングル『僕のにゃ~』を2月18日にリリースしました。『にゃ~』はもちろん猫のこと。自由で無邪気で気まぐれな猫みたいに、肩に力を入れずに生きていこうじゃないか、って一種の人生応援歌でしょうか。あと、この曲は倉敷児童合唱団がコーラスで参加してることもあって、幼児から大人まで楽しめる。結果、保育園や幼児施設でのライブが増えたのは、想定外のうれしさでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る