• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

失恋ソング「ロードショー」が売れたジェームス西田さんは今

「およげ!たいやきくん」や「春一番」「ペッパー警部」などが大ヒットした76年、フォークソングで最も評判だったのは失恋ソング「ロードショー」だ。歌ったのは京都産業大学の学生デュオ「古時計」。ジェームス西田さんと大場弘一さんのハーモニーが耳に残る。たった1年で芸能界から姿を消した西田さん、今どうしているのか。

■「どうせ道楽でしょ?」と問うたら…

「07年に再デビューして以来、2枚目のシングル『僕のにゃ~』を2月18日にリリースしました。『にゃ~』はもちろん猫のこと。自由で無邪気で気まぐれな猫みたいに、肩に力を入れずに生きていこうじゃないか、って一種の人生応援歌でしょうか。あと、この曲は倉敷児童合唱団がコーラスで参加してることもあって、幼児から大人まで楽しめる。結果、保育園や幼児施設でのライブが増えたのは、想定外のうれしさでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る