若手演歌歌手に“新潮流” 特技や異色経歴で売り込み必死

公開日:  更新日:

 北島サブちゃんの娘婿で、「紅白」にも5回の出場経験がある演歌歌手・北山たけしがファンとの交流イベントでバリスタに挑戦して話題になっている。バリスタとはコーヒーの専門家のこと。コーヒーが大好きでブラック派という北山は20日、バリスタの衣装に身を包み、慣れないアートラテに挑戦。「難しかったですね」と苦笑いだったが、若手演歌歌手が「歌」という本業以外で話題をあおるのは何も北山に限ったことではない。むしろ、若手演歌歌手の大部分は特技や異色経歴を前面に押し出して売り込みに必死になっている。

■スナック営業はも今は昔

「“特技”がもっとも注目されているのは『人恋酒場』がプチ・ヒットした三山ひろしでしょう。けん玉初段の腕前を生かし、今や間奏に『世界一周』『剣先すべり』などの技を披露するのがお決まりになっている。“異色経歴”でいえば、女性歌手の竹村こずえがいる。元ダンプの運転手という職歴から“ガテン系演歌歌手”として話題をさらっています」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る