• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手演歌歌手に“新潮流” 特技や異色経歴で売り込み必死

 北島サブちゃんの娘婿で、「紅白」にも5回の出場経験がある演歌歌手・北山たけしがファンとの交流イベントでバリスタに挑戦して話題になっている。バリスタとはコーヒーの専門家のこと。コーヒーが大好きでブラック派という北山は20日、バリスタの衣装に身を包み、慣れないアートラテに挑戦。「難しかったですね」と苦笑いだったが、若手演歌歌手が「歌」という本業以外で話題をあおるのは何も北山に限ったことではない。むしろ、若手演歌歌手の大部分は特技や異色経歴を前面に押し出して売り込みに必死になっている。

■スナック営業はも今は昔

「“特技”がもっとも注目されているのは『人恋酒場』がプチ・ヒットした三山ひろしでしょう。けん玉初段の腕前を生かし、今や間奏に『世界一周』『剣先すべり』などの技を披露するのがお決まりになっている。“異色経歴”でいえば、女性歌手の竹村こずえがいる。元ダンプの運転手という職歴から“ガテン系演歌歌手”として話題をさらっています」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る