クラシック出身の演歌歌手「知里」 新曲チャート急上昇中

公開日: 更新日:

偏差値74の高校を出て…

 ご覧のアイドル顔に似合わず、経歴は凄い。中高時代は受験一直線、大学では声楽を学び、クラシックのコンクールでも優秀な成績を収めている。そんな彼女が演歌歌手としてデビューしたのが09年。5月7日にリリースした新曲がチャート急上昇中というからビックリだ。

 上昇中の新曲とは「東京恋歌」。発売翌週にはいきなりUSEN演歌チャートの20位に飛び込み、最新の集計(6月5日)では8位にランクされている。氷川きよしの「大利根ながれ月」が2位、五木ひろしの「桜貝」が3位という中での8位だから、快挙といっていい。彼女にとってデビュー3作目だが、ここにたどり着くまでにはずいぶん“回り道”をしている。

 子供の頃から歌好きだったが、決してアイドルを目指していたわけではない。
「むしろ、ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーといった外国のディーバ(歌姫)に憧れてました。中学の頃は友達の間でホイットニーのモノマネをして、みんなに“うまいうまい”と褒められ、ヤマハのポプコンで2位になったこともあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る