クラシック出身の演歌歌手「知里」 新曲チャート急上昇中

公開日: 更新日:

偏差値74の高校を出て…

 ご覧のアイドル顔に似合わず、経歴は凄い。中高時代は受験一直線、大学では声楽を学び、クラシックのコンクールでも優秀な成績を収めている。そんな彼女が演歌歌手としてデビューしたのが09年。5月7日にリリースした新曲がチャート急上昇中というからビックリだ。

 上昇中の新曲とは「東京恋歌」。発売翌週にはいきなりUSEN演歌チャートの20位に飛び込み、最新の集計(6月5日)では8位にランクされている。氷川きよしの「大利根ながれ月」が2位、五木ひろしの「桜貝」が3位という中での8位だから、快挙といっていい。彼女にとってデビュー3作目だが、ここにたどり着くまでにはずいぶん“回り道”をしている。

 子供の頃から歌好きだったが、決してアイドルを目指していたわけではない。
「むしろ、ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーといった外国のディーバ(歌姫)に憧れてました。中学の頃は友達の間でホイットニーのモノマネをして、みんなに“うまいうまい”と褒められ、ヤマハのポプコンで2位になったこともあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る