クラシック出身の演歌歌手「知里」 新曲チャート急上昇中

公開日:  更新日:

偏差値74の高校を出て…

 ご覧のアイドル顔に似合わず、経歴は凄い。中高時代は受験一直線、大学では声楽を学び、クラシックのコンクールでも優秀な成績を収めている。そんな彼女が演歌歌手としてデビューしたのが09年。5月7日にリリースした新曲がチャート急上昇中というからビックリだ。

 上昇中の新曲とは「東京恋歌」。発売翌週にはいきなりUSEN演歌チャートの20位に飛び込み、最新の集計(6月5日)では8位にランクされている。氷川きよしの「大利根ながれ月」が2位、五木ひろしの「桜貝」が3位という中での8位だから、快挙といっていい。彼女にとってデビュー3作目だが、ここにたどり着くまでにはずいぶん“回り道”をしている。

 子供の頃から歌好きだったが、決してアイドルを目指していたわけではない。
「むしろ、ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーといった外国のディーバ(歌姫)に憧れてました。中学の頃は友達の間でホイットニーのモノマネをして、みんなに“うまいうまい”と褒められ、ヤマハのポプコンで2位になったこともあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る