“金欠”橋下徹市長にTV復帰情報 「ミヤネ屋」対抗でMC案も

公開日:  更新日:

 今年12月の市長任期満了をメドに政界引退を表明した橋下徹大阪市長(45)をめぐって、テレビ界が壮絶な獲得合戦を繰り広げている。

「弁護士、知事、市長とこれだけの経歴を持ち、しかも、テレビの制作現場を十二分に理解しているタレントは後にも先にも橋下氏ただひとり。どこの局も触手を伸ばすのは当然」(民放キー局編成マン)

 早速、橋下氏を一本釣りしようと動きだしたのがフジテレビだという。視聴率が上向かず年内打ち切り説も飛び出した安藤優子と俳優の高橋克実がキャスターを務める情報番組「直撃LIVE グッディ!」のメーンキャスターに据えるというサプライズ案だ。

「関西圏で圧倒的な人気を誇る橋下氏を起用すれば、悲願だった『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に勝てる可能性も出てくるからです。フジ以外にも日テレ系の『スッキリ!!』やTBS系『あさチャン!』、テレ朝系の『報道ステーション』もMCやコメンテーターとして橋下氏の獲得に乗り出している」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る