• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“金欠”橋下徹市長にTV復帰情報 「ミヤネ屋」対抗でMC案も

 今年12月の市長任期満了をメドに政界引退を表明した橋下徹大阪市長(45)をめぐって、テレビ界が壮絶な獲得合戦を繰り広げている。

「弁護士、知事、市長とこれだけの経歴を持ち、しかも、テレビの制作現場を十二分に理解しているタレントは後にも先にも橋下氏ただひとり。どこの局も触手を伸ばすのは当然」(民放キー局編成マン)

 早速、橋下氏を一本釣りしようと動きだしたのがフジテレビだという。視聴率が上向かず年内打ち切り説も飛び出した安藤優子と俳優の高橋克実がキャスターを務める情報番組「直撃LIVE グッディ!」のメーンキャスターに据えるというサプライズ案だ。

「関西圏で圧倒的な人気を誇る橋下氏を起用すれば、悲願だった『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に勝てる可能性も出てくるからです。フジ以外にも日テレ系の『スッキリ!!』やTBS系『あさチャン!』、テレ朝系の『報道ステーション』もMCやコメンテーターとして橋下氏の獲得に乗り出している」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る